トップページ | 2006年8月 »

2006年4月の3件の記事

土地探し

まずはどこに家を建てるかということですが、私達の場合はいつも週末に1週間分の食材をかい出しに行きます.今の家からは来るまで30分強はかかる大型店まで行きますが、その通り道に新しく造成された住宅地地域がありました。

家を建てることを考えるまでは、気になりませんでしたが、家を建てることを視野に入れたとたんにその地域が気になりました。

小学校・中学校も近くにあり、ちょい田舎に住みたい旦那の希望にもかなう地域でした。

建築条件付の土地で売られている地域なので、各区画にはハウスメーカーの土地の看板が立てられていていました。

毎週毎週、買出しの度にその地域を視察。車でグルグルとまわり、看板を見て、メモを取り、インターネットで販売メーカーと価格を確認。

ついでにその地域に建設中の各メーカーの家を眺めて勉強。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報収集

私が最初に行ったこと。それは、情報収集。2006年3月頃から家関係の本を2,3冊購入して、家を建てる流れや住宅ローンの事、家を建てるにあたっての建築用語等の勉強を始めました。

自分たちの中にあるこんな家にしたいというイメージを形にするために私がしている事(現在も進行形です)。

ノートを1冊買いました。これは結婚式を挙げる時も使った方法ですが、部屋ごとにページを作り、思いついた事や希望を書いておいたり、本の切り抜きを貼ったりします。

後はやはり、モデルハウスの見学でしょう。4月後半から雪も解け、活動しやすくなったこともあり、見て回る事にしました。

とは言うもののやはり、モデルハウスを見に行くとアンケートと称して住所や連絡先を書かされて、後日、家に電話がかかってきます。それも大切な勉強法の1つではあると思うのですが・・・

私はそうされるのがイヤでモデルハウス見学は1件しか行いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっかけ

そもそものきっかけは・・・今、振り返るとよくわかりません。しかし,強いてあげれば

  1. 娘があと2年で小学校に入ること
  2. 今のアパートは駐車場が狭い
  3. 家賃を払い続けても先には何も残らない

ということがきっかけだったのではないでしょうか?

娘が大きくなって、巣立って行ったとしてもいつでも帰ってこれる場所を用意したかったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年8月 »